キャンプに持参のガス台は持ち運び簡単なコールマン、口コミは?

キャンプに必ず持っていくのが、ガス台です。
少しでも持ち運びが簡単で、調理もしやすいキャンプ用のガス台、ガスバーナーを使いたいですよね。

そんな、キャンプ場で使うガスバーナーの代表として有名なのがコールマンのガス台です。

この記事では、そんなコールマンのガスバーナーの代表格である「コールマンツーバーナー」ご紹介します。

コールマンツーバーナーの特徴

① 家のキッチンと同じ感覚でお料理が出来る!

うちでお使いになっているガス台、ガスコンロと同じです。
スイッチで火がつきます。
火起こしに時間がかかりません。

焚き火ですと、火起こしの時間や木炭などの燃料も気になります。

その点、すぐに料理に取りかかれるツーバーナーは、キャンプには欠かせません。

ガスにバーナーをつけるだけで済みます。

従って、火を起こすために用意しなくてはいけないものを持っていく必要もなく、ツーバーナー1つですみますから、荷物を減らすことができます

② コンパクトで携帯に便利

ガス台ごと折りたたんで、片手で持ち歩けます。

女性が片手で余裕で持てる重さです。

キャンプ用品を選ぶ際に重要なポイントは、いかにコンパクトであるかということです。

テント、寝袋、クーラーボックスなど、ただでさえ場所を取るものが多いんです。
ですから、とにかく、出来る限り小さく軽い方が車に荷物を積み込む際にも助かります。

コンパクトで持ち運びに便利であれば、そういったキャンプのアイテムをどこかに収納する場合にも場所を取らなくてすみますよね。

③ お天気に関わらず使えます

キャンプ場ではとっさの雨が降ってきて、せっかく火を起こしたのに雨で火が消えて調理ができなかったりということもあります。

そういう場合でも、屋根付き炊事場や屋根代わりに張ったタープの下でガス台を使えば雨が降ってきても調理ができます。

ここで、実際に使ってみた方の口コミをご紹介します。

・薄くてカバンみたいです。コンパクトです。

・下手にシングルバーナーをあれこれ買うより安上がりで快適です。

・1万円を切っているとは思わなかったです。

・風が強い時も問題ありません。

・ゴトクがガタガタしているのですが、これはそのような仕様で、使うのには問題がありませんでした。

・ガスにやかんが1つ置けるくらいの簡易ガス台のようなものをガスに取り付けて使用するタイプの物もありますが、この商品のように最初からガス台になっていて2つのガスとりつけられるタイプの方が便利です。

・お湯を沸かしながらもう片方でフライパンで卵焼く事もできたりして便利です。

・外で料理をするという事は風よけも必要ですが、このガス台1つで全て解決しました。

使われた方の口コミはこちら

まとめ

キャンプは本来楽しいものです。

しかし、結局火起こしに時間かかったり、木炭の量を気にしながら過ごす感じです。

結局はそんな小さい出来事が凄くストレスになるんですよね。

ですから、せめて調理をする時は不安もなく素早く済ませられるガス台があれば、その分ゆっくりコーヒー飲みながら自然を楽しむこともできるはずです。

バーナー、特にツーバーナーでキャンプの余裕の楽しさを味わってみられることをオススメします。
なお、こちら↓↓↓の商品は嬉しい送料無料です!