折り畳み傘の収納には、濡れなくて済むこの袋が便利

普段使用するカバンには、いつも折りたたみ傘をいれています。いざ雨が降ってきた際にもすぐに使えて便利です。しかし、折りたたみ傘の場合、濡れた傘を入れておく場所に困ります。

 濡れた折りたたみ傘を小さく畳んだだけでは、水滴が落ちるし、折りたたみ傘が入っていたケースにいれるにも吸水性がないので、濡れてしまうし、雨の日に店頭入り口に設置された傘袋には、うまく入らないという点が困ってました。

だからといって、傘袋無しで店内に入れば、水滴がしたたり床が濡れて滑りやすくなってしまうというのも危ないと感じていました。

理想なのは、濡れた傘を折りたたみ傘をたたんで、ポンっと袋に入れられ、なおかつカバンにドサっとしまえるようなものがあればいいなと思っていました。

そこで、見つけたのが、この傘カバーです。軽くて、濡れた傘をいれてチャックもでき、そのままカバンに入れてもカバンの中の物に影響を与えない。

それに、傘カバーとしての手段にかぎらず、冷えたペットボトルをいれたり、出先で何かをこぼしてしまった際も拭きタオルとして利用できるのです。

傘袋は、ネットで、傘袋、タオル、吸水性、コンパクトというキーワードで探してみた結果、いくつか候補がある中で選んだ決め手を話してみます。

 商品の中には、折りたたみ傘のケース部分がプラスチックのような素材になっていて、濡れた傘をまるでタンブラーにしまい込む形式のものもあったのですが、それだと吸水性がないし、いつまでたっても、ケースの底に水が溜まっていそうな点や、重みやコンパクト性がないだろうなと予想できたので、こちらの傘ケースを選びました。これだと、軽いしコンパクトだし大きく開ける事ができるので、濡れて膨張した折りたたみ傘をしまいやすく、しっかり吸水性もし、また洗濯機で洗うことも可能。 更にジッパーを全開に開けば、一枚のタオルのようになるので、乾かしやすいという優れものです。

まとめ

折りたたみ傘は便利ですが、濡れた傘の扱い方がめんどくさいのです。

濡れた傘ごとドカっとケースにいれこんで、そのままカバンにしまいこめるような物があったら便利です。

折り畳み傘の袋、是非、お試しください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする