コンビの調乳じょ〜ずはここが便利、使ったママの体験談

コンビ 調乳じょ~ず(電気ポット)

息子が生後0カ月から10カ月頃まで使用しました。


子どもが母乳を吸いずらいらしく、ミルク主体で育てていたのですが、夜中の授乳時にミルクを作るのが大変でした。70度に保温できる電気ポットもあったのですが、夜中の200mlのためだけに大きなポットの電気をつけっぱなしにするのも嫌で、調乳用のポットを探しました。

子どもが泣いたらすぐにミルクをあげたいのですが、お湯を沸かしたり、適温に冷ましたりと、どうしても時間がかかってしまいます。また、早くしなければと思うほど、慌ててしまい、あたふたしてしまっていました。

その間に、夫を起こしてしまい、夫婦でいつも寝不足になってしまいました。

また、普通の電気ポットを使用していたときは、お湯の注ぎ口の下で哺乳瓶を支えていなければいけなかったので、子どもが泣いていても、抱っこしまがら、調乳することはできませんでした。

コンビの調乳じょ〜ずを購入して、変化したことを挙げてみます。

★調乳ポットに熱湯を入れておけば、適温の70度をキープしておけるので、いつでも、すぐにミルクを作ることができます。

★ポットのそばに、哺乳瓶と粉ミルクを用意しておけば、夜中に子どもが泣き出したら、子どもを抱っこしながら、片手でミルクの用意ができるので、子どもが泣き続けるといったことがなくなりました。

電気ポットと違って、哺乳瓶をテーブルに置いて、上からお湯をそそげばよいだけなので、片手があくからです。

また、沸騰したてのお湯から30度代まで冷ますよりも、70度から冷ますほうが、時間も短くなり、とても助かりました。

子どもが泣いているとき、特に夜中は、どうしても慌ててしまったり、イライラしてしまったり、大変です。

なんでも準備が整っていると、落ち着いて動けるから、ストレスが減ります。

いつでも、調乳用のお湯が用意されていれば、小さいことだけど、育児ストレスがひとつ減らすことができます。

特に、動きがシンプルなほうがより落ち着いて動けるので、この調乳ポットは絶対おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする