コーヒーで口がネバネバ、不快な口臭…今すぐとりたい3つの口臭対策

コーヒーを飲んだあと、口がネバネバすることはありませんか?

口がネバネバしていると、イヤな口臭でもしてるんじゃないかって不安になりますよね。
実は、コーヒーを飲むとあなたの口の中に「ちょっとした変化」が起こります。この「ちょっとした変化」が、口のネバネバの原因なのです。

この記事では、コーヒーを飲むことで起こる口のネバネバの正体はいったい何なのか、コーヒーを飲んだあとの口臭は解消できるのか?についてご説明したいと思います。

ロースト(焙煎)と粉砕によってできるコーヒー豆の粒子が原因に
私たちが飲むコーヒーは、収穫したコーヒー豆をそのまま使うのではなく、通常はコーヒー豆をロースト(焙煎)してから使われます。

⽣の状態のコーヒー豆は、⾹りが⻘臭く味も良くないためローストしたものが使われるのが一般的
コーヒー豆がローストされることで、コーヒー豆が本来持っている味と香りが引き出されます。

その後、ローストされたコーヒー豆を細かい粒子に挽く(粉砕)という過程を経て、ようやく、私たちがいつも美味しく飲んでいるコーヒーへと変わっていきます。

このように、私たちが美味しいコーヒーを頂くためには、ロースト、粉砕という工程が欠かせない訳ですが、実は、これらの工程によって生成されたコーヒー豆の粒子が、私たちの口の中でちょっとしたワルさを働いてしまうのです。

そして、そのワルさを手助けしてしまっているのが、私たちの舌(した)なのです・・・。

コーヒー豆の粒子と細菌が口臭を引き起こす
コーヒー豆の粒子と私たちの舌。いったいどのようなワルさを働いているのでしょうか?

ここでまず、お部屋に敷いてあるじゅうたんを思い出してみて下さい。

じゅうたんの表面にはたくさんの凹凸がありますよね。この凹凸にホコリや⽑⽟、髪の⽑などが入り込んでしまうと、掃除機をかけてもなかなか取れません。

実はこのじゅうたんのように、私たちの⾆にも凹凸があるのですが、この凹凸にコーヒー⾖の粒⼦がスッポリ⼊りこんでしまうんです。

凹凸に入り込んだコーヒー豆の粒子は、やがて、口の中に生息する嫌気性細菌(けんきせいさいきん)という細菌によって分解されるのですが、この時、口臭の原因となる物質も生み出してしまうのです。

つまり、コーヒーを飲んだ後に口臭が発生するのは、コーヒー豆の粒子と、口の中に生息する細菌が原因だったのです。

嫌気性細菌は、口の中に残っている食べカスの中にあるタンパク質を分解します。ところが、嫌気性細菌は食べカスの中のタンパク質を分解すると同時に、口臭の原因となる物質も産み出してしまうのです。
ですから、コーヒーの粒子が舌の凹凸部に残っていると、この粒子を嫌気性細菌が分解するため、口臭が発生しまうわけです。
コーヒーは口の中の唾液を減らしてしまう
私たちの口の中にはいつも唾液が存在していますが、
通常、酸性度が高くなると唾液の分泌量は少なくなります。

(*コーヒーは口の中の酸性度を高くする作用がある。)

唾液の分泌量が減ってしまった口の中は当然ながら乾いていき、さらには口の中がネバネバしてしまいます。

つまり、口の中の酸性度が上がらないように(=唾液の分泌量を減らさないように)すれば、口がネバネバすることもなくなる訳です。

しかし、コーヒーには口の中の酸性度を上げてしまう作用があるため、口の中をネバネバさせないようにするためには、やはり事前の対策をしておく必要があります。

コーヒーが原因の口臭と口のネバネバ対策
では、コーヒーを飲んで口のネバネバを感じたらどうすればいいのでしょうか?

ここでは対策を3つご紹介します。

舌の上に残ったコーヒー粒子を取り除く
口臭の原因となる物資が出ないように、舌の表面に残ったコーヒー粒子を取り除かなくてはいけません。

しかし、舌を磨いて取り除くことはオススメできません。

舌を磨くと粘膜が剥離して、唾液が汚れてしまうからです。
さらに、舌を磨きすぎると炎症を起こしてしまうこともあります。

そこで、まず、舌を中心にしてブクブクうがいをしてみましょう。
この時、舌を上顎にこすりつけるように意識することが大切です。

クチュクチュしたりガラガラしたりを繰り返してください。
舌のぬめりが取れるまで念入りにうがいを行います。

これで、舌に残ったコーヒー粒子を取り除くことができます。

キシリトールガム(またはマスティックガム)を噛む
ガムと言っても、砂糖の入っているガムを噛むのは良くありません。
砂糖は口の中の酸性度を上げてしまうからです。

砂糖の入っていないキシリトールガム、またはマスティックのガムがオススメです。

マスティックは、ギリシャのヒオス島に自生する樹木のマスティックから採取する樹液です。

マスティックは、外敵や疫病から自らを守るために粘度の高い液を分泌します。ギリシャの人々は古くからハーブとして5千年以上もの間使用しています。

このマスティックをガムとして噛むことで唾液を出します。

界面活性剤を口の中に残さない歯磨き粉を使えば口臭の原因をシャットアウトできる
洗剤や歯磨き粉などに使われている界面活性剤は環境を汚染しますが、口内環境にも悪影響を与えます。

口内環境が悪化すると、唾液の質も悪くなる結果、口腔内の酸性度が上がってしまいます。

従って、歯磨き粉も界面活性剤が入っていないものを使うことが望ましいのです。

しかし、市販されている大半の歯磨き粉には界面活性剤が含まれています。

このため、毎日使い続けると口内環境が悪化し、口臭を発生してしまうことになる場合があるのです。

そこでおすすめなのが、界面活性剤が入っていない歯磨き粉のブリアンです。
歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』

ブリアンには、界面活性剤だけではなく、発泡剤や殺菌剤、研磨剤なども含まれていません。
体に優しい成分なので、安心して毎日使うことができます。

また、口内環境を整える善玉菌も含まれています。
特にBLIS12という善玉菌には口臭を予防する効果があります。

ぜひブリアンを使って、口臭や口のネバネバというお悩みから解放されてください。
歯周・口臭予防歯磨き粉『大人用ブリアン』

コーヒーだけじゃない!口臭の原因になる意外な食べ物
コーヒーの他に、口臭の原因になる食べ物として、牛乳、そしてヨーグルトなどもあります。

こういった乳飲料や乳製品は、コーヒーと同じように舌の上に留まりやすいのです。

牛乳やヨーグルトは健康維持のためにいいといい印象がありますが、飲んだり食べたりしたあとは、口臭の予防対策をする必要があります。

まとめ
コーヒーを飲むと口がネバネバするのは、口の中の細菌と酸性度が原因であることがおわかりいただけたと思います。

けれども、コーヒーを飲んだ後に口がネバネバしても、口臭の予防対策をとっておけば安心です。

ここでは、予防対策として、次の3つを提案しました。

うがいをする
砂糖の入っていないガムを噛む
界面活性剤の入っていない歯磨き粉を使う
どれも、そんなに難しいことではありませんよね。

口の中の酸性度を上げない歯磨き粉を普段から使い、コーヒーを飲んだ後にはよくうがいをしましょう。

また、唾液が出やすくなるようにガムも噛むと鬼に金棒です。

ちょっとした心がけで口臭は予防することができます。
安心してコーヒーを飲むことができるように、口臭対策を意識したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする