リッチェルのひんやりしないお風呂チェアで子どもの入浴が楽になった!

リッチェル ひんやりしないおふろチェアR お風呂 沐浴 バスチェア 2.6ヶ月(女) 3. とにかく一人でお風呂に入れないことが苦痛でした。 主人は毎日残業で帰宅が遅く、片手で子供を支えつつの毎日の入浴でしたので、満足に自分を洗えない毎日が続いていました。 まだハイハイを始める前は、バスマットに寝かせてしまって、もちろん大泣きしますがその間に素早く髪等を洗ってしまっていたのですが、ハイハイが始まると同時につかまり立ちまで始めたので、うっかり手を放した隙に滑って頭を打ちそうになるということが何度かありました。 何か両手が自由になる便利グッズがあるのならとバスチェアの購入を決めました。 4. もしバスチェアを買わなかったら、日々大きく重くなっていくわが子を片手で支えつつ、滑らないように、また冬は冷やさないように、風邪を引かせないようにと毎日神経をすり減らしていたように思います。 とにかく両手が使いたい。早く主人が帰ってきて洗った子供を渡せたらいいのに、なんで早く帰ってきてくれないんだろうと、最初はちょっとしたストレスだったのかもしれませんが、お風呂が満足に入れないというストレスが毎日毎日続いて寝不足もありかなりナイーブになってしまいました。 5. バスチェアを購入してから両手が使えるようになったのが、一番嬉しかったです。 しかも購入したのが冬ということもあり、素材が冷たいプラスチック製ではないこと、椅子の部分にお湯をためることが出来て、子供が冷えていないか風邪を引かないかと心配しながら慌ててお風呂で自分の身体を洗う必要がなくなったのが本当に嬉しかったです。 また、椅子自体が少し深めに腰掛けるようなタイプだったので、子供が自力で脱出できにくくなっているのも大変助かりました。身長が伸びて足が付くようになるまで、1歳半頃だったと思いますがかなりの長期間使用させてもらいました。 子供が頭を打ったりすることを心配せずに、ゆっくりとお風呂に入ることができる幸せをかみ締めました。 お風呂を上がる時にも、子供を座らせておいて、自分の身体を拭いてから子供をと余裕を持ったお風呂の時間を持てるようになったことで、主人に早く帰ってきて手伝って欲しいとイライラしていた気持ちも無くなり、心に余裕ができました。 6. もしお風呂一人で大変と思っているなら、是非買ってみてとお勧めします。 プラスチック製のものと違い、発泡スチロール製なので軽く、手入れが簡単なので人にお薦めしやすいです。お風呂においておくようなタイプだとカビが生えたり衛生的に躊躇するような場合でも、水気を切ってバスマットに置いておけばいいので、手入れという手入れが必要ないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする