コードレス掃除機で子育て中の掃除が楽になった【体験談】

▼頭では分かっていたけれども・・・

子育てが始まって、掃除の回数が日に日に増えていきました。
子どもの成長とともに、遊びや食べ物が変わっていき、食べこぼしや紙くずが増えていったのです。

そして徐々に、子どもや遊びに来てくれたお友達の食べこぼしなどの掃除がストレスになっていました。

食べこぼし自体は悪い事とは思っていません。小さい子どもですから当然のことです。
遊びも同様で、紙を小さく切ったり、粘土で遊んだりするのは子どもの発達に良い事だと思っていたので、よく遊ばせていました。
でも、遊んだ後はどうしても細かい紙くず・粘土くずが床に散らばります。

私がこまめに掃除をすれば良い、と割り切っていたつもりだったのですが・・・

目を離したすきに、子どもが食卓以外の場所で食べ歩きをしていたり、洋服や足の裏についたゴミが、家中のいたるところに運ばれていったり、掃除の範囲も広がっていくようになりました。

▼いくら掃除をしてもキリがなくてイライラ

日に日に増えていく食べこぼしなどのゴミを見つけるたびに、イライラしながらクローゼットから掃除機を取り出して、コードを延ばして掃除機をかける。
一つの部屋が終われば、コードを取り外して、掃除機を別の部屋に運んで行き、そこでまたかける。
1日一回ならまだしも、その作業を一日何回も行っているうちに、だんだん掃除機をかける事が、かなりのストレスになっていました。

小さい子どもに注意しても、食べこぼしは直るものではありませんし、ましてやお友達の子どもには注意できません。
遊ぶ時に、紙や粘土の細かいゴミを床に落とさないようにと言って聞かせるのは、まるで「遊ぶな」と言っているようですので控えていました。

それでも掃除を止めるわけにはいかないので、「これは一種のいじめなのではないか」と泣く泣く掃除機をかける日が続いていたある日、店頭でコードレス掃除機を見かけました。
価格は決して安くはありませんでしたが、当時の私にとって、掃除のストレスが軽減されるのならば、と思い切って購入しました。
   

▼どんどん汚して良いよ!

このコードレス掃除機を使い始めて、目に見えて気持ちの余裕が生まれました。
いつでも手が届く場所に掃除機を置いておけて、コードがないのでサッと手軽に掃除が出来るので、ゴミを見てもイライラしなくなったのです。

子どもが食べこぼしても、紙をバラバラに切って遊んでいるのを見ても文句一つ言わなくなりました。
「すぐ掃除出来るから、もっと思い切りやっていいよ!」という気持ちにさえなりました。

もし、コードレス掃除機を購入していなかったら、私は自分のストレスから、子どもに意味もない小言を言い続けていたと思います。
気持ちの余裕がない時はきっと大声をあげていたことでしょう。
そして、そんな自分に嫌気がさしてさらにイライラし、夫にも八つ当たりするという負のスパイラルにはまっていたと思います。
また散らかされるのが嫌でお友達を家に呼ばなくなり、付き合いも悪くなっていたと思います。
大げさに聞こえるかもしれませんが、実際それは起こりかけていました。

コードレス掃除機は、私の掃除を楽にしてくれるだけでなく、以前は掃除機のしまってある場所すら知らなかった夫が、この掃除機を使って掃除をするようになったのには驚きました。

掃除機一つで私のストレスが軽減され、家族だけでなく、遊びに来てくれるお友達の親子に対しても、大らかな気持ちで接する事が出来るようになるなんて、コードレス掃除機は小さいお子さんのいる家庭のためにある家電だと思います。

家庭の中で、母親の気分が安定しているかどうかは、その家庭の雰囲気に大きな影響を及ぼすと思います。
コードレス掃除機のおかげで、私に気持ちの余裕が生まれ、我が家は随分落ち着いたように感じます。
掃除機は長く使っていけるものなので、あっという間に過ぎてしまう子どもとの時間を、少しでも楽しくするためには決して高い買い物ではないと思います。

▼まとめ
・1日何度も掃除をかけなければいけない、小さなお子さんがいる家庭にとっては、コード付掃除機だと掃除が負担になることがある。
・コードレス掃除機で手軽に掃除が出来ると、気持ちにも余裕がうまれてくる。
・おすすめコードレス掃除機 ダイソン掃除機 コードレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする