口がネバネバする原因のひとつ、ドライマウスの原因と解消策

最近口の中がスッキリしない。
口の中が何となくネバネバしているような気がする。
喉の渇きとは違う、口の中の渇きをよく感じるようになった。

乾燥している季節でもないのに、口の中の渇きを感じたり、何となく口内がネバネバしたり、口の中に違和感があることがありますよね。

口の中がスッキリしないだけで、そこに意識がいってしまうので、仕事や家事が手つかずになってしまいます。

この、口の中の渇きは、水分を摂ってもなかなか症状が改善されない場合は、もしかして「ドライマウス症候群」かもしれません。

ドライマウス症候群とは
ドライマウス症候群とは、その名前の通り「口の中が乾燥する」病気です。

日本には、潜在的に3000万人の患者がいるのではないかと言われています。
しかし、その多くが「病気」と認識せずに、放置してしまっています。

けれども、“ただの渇き”と侮っていると、唾液分泌量がどんどん減っていき、食事もままならなくなったり、口内炎や口臭、虫歯や歯周病を引き起こすこともあるので、きちんと対処していきましょう。

ドライマウスとは?
ドライマウスになると、口がネバネバしてきます。

健康的な人は、1日1~1.5リットルの唾液を分泌しています。

通常の唾液はサラサラとしていて、消化を助けてくれたり、口内の免疫力を保ったり、大切な役割を果たしています。

ところが、なんらかの原因で唾液が出にくくなり、口内が乾燥してくると、唾液がネバネバとしてくるのです。

口内細菌とドライマウスの関係
大人の口内には300~700種類の細菌がいると言われています。

細菌は、冬の乾燥した季節に風邪やインフルエンザが流行るように、乾燥すると増殖しやすい性質をもっています。

口内の細菌も、唾液が十分に分泌されていれば自然と洗い流されるのです。

ところが、その唾液が少なく乾燥している場合、一気に増殖するのです。

そして増殖した細菌は、「プラーク」と呼ばれる固まりとなって歯に付着します。
そのプラークが唾液に混ざると、ネバネバした状態になるのです。

朝起きると、口がネバネバしているという経験はありませんか?

睡眠中には唾液が分泌されないことや口呼吸が原因で、国内が乾燥してネバネバを引き起こしているのです。

こういった口のネバネバが一時的なものではなく、慢性的場合はドライマウスを疑ってよいでしょう。

どうしてドライマウスになるの?
ドライマウスの原因は、唾液の分泌量低下です。

なぜ唾液が分泌されにくくなってしまうのでしょうか。

柔らかいものばかりの食生活
唾液は、あごや舌の筋肉を使って口内の唾液腺が刺激されると分泌されます。
その刺激が少なくなるような、柔らかい食品、噛み応えのない食品ばかりの食生活だと、あごや舌の筋肉が衰え、唾液の分泌量が少なくなってしまうのです。

緊張やストレスの多い生活
唾液は、リラックスして副交感神経が活発に働いるときは出やすく、精神的な緊張やストレスが続いて、交感神経の働きが盛んになると出にくくなってしまいます。

お酒の飲みすぎ
お酒を飲むと、体内のアルコールを排出しようと利尿作用が働き、体内が一時的に脱水状態になります。
そのため、飲みすぎが続くと、体内の水分バランス崩れて、唾液の分泌量も低下します。

年齢による筋力の低下
加齢によって口の周りの筋肉が衰えてくると、唾液が出にくくなります。
また、背中が丸くなったり猫背になったりすると、自然とあごが前に出て、鼻呼吸ではなく口呼吸になるので口内が乾燥しやすくなります。

薬の副作用
花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン剤や痛みを和らげる鎮痛剤など、様々な薬の副作用でドライマウスが起きることがあります。
高齢者にドライマウスが多いのは、服用している薬が多く、その副作用が原因と考えられています。

ドライマウスを伴う疾患がある
糖尿病や、脳卒中、シェーグレン症候群、更年期障害など、様々な疾患によってドライマウスが引き起こされることもあります。

ドライマウスの予防策・対処策
ドライマウスは、日常生活の中で予防・対策ができます。
ただ、長期にわたってドライマウスの症状が続く場合には、病院で診てもらいましょう。

噛み応えのある食品を積極的に摂る
口の周りの筋肉を鍛えるためにも、噛み応えのある食品を積極的にとることが大切です。
さきイカやみりん干し、アーモンドなどのナッツ類、かりんとうやせんべいなど、意識的に噛む必要のある食品を摂りましょう。

ストレスがたまらないようにする
日頃からストレスをためない生活を心がけ、趣味の時間を増やしたり、運動をすると効果的です。

お酒は適量にする
お酒を飲むときは、水も一緒に飲むように心がけましょう。

また、飲み過ぎはドライマウスだけではなく、いろいろな病気の原因になりますから、適量の飲酒を心がけましょう。

部屋の湿度を保ち、水分をこまめに摂る
特に冬場の乾燥時期には、加湿器や洗濯物の室内干しなどを行って、室内の湿度を保ちましょう。
また、外出先にも水分を持ち歩き、いつでも口の中を潤せるようにしましょう。

筋力を鍛えたり、唾液腺マッサージを行う
口の周りの筋肉を鍛えるには、おしゃべりしたり笑ったりすることも効果的です。

特に女性にとってお喋りは気分転換にもなるので、ストレスも軽減されます。

また、耳たぶの前方や、顎の下の柔らかい部分、顎の先のとがった部分の内側など、唾液腺を刺激するマッサージを1日数回取り入れるのも効果的。

病院に行く
長期間ドライマウスを感じている場合は、糖尿病や脳卒中などの病気が隠れている場合もあるので、病院に行きましょう。

まとめ
口がネバネバすると、ドライマウスではないか?と考えることがありますよね。

ドライマウスは、唾液が少なくなってしまう状態です。

この記事では、唾液を出来るだけ出すための対策を紹介しました。

いろいろな工夫をしても唾液の分泌が改善されず、口がネバネバする状態が続く時には受診をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする