朝起きると口がネバネバして気持ち悪い、その原因と対策

朝起きたら、口の中が何だかネバネバする・・・こんな経験ありませんか?

日中はそんなことないのに、寝起きの時だけ、すっきりしない。
寝る前にきちんと歯磨きをしているのに、朝は口がネバネバして臭い・・・

一体どうしてでしょうか?

明日から、もっと爽やかな朝を迎えるためにも、口のネバネバの原因と対策を調べてみました!

口がネバネバする原因は細菌の増殖!
口の中がネバネバする原因は、なんと“細菌の増殖”なのです!

実は、大人の口の中には300~700種類の細菌がいると言われています。
よく歯を磨く人でも1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では、なんと4000~6000億個もの細菌がいるのです。

それらは通常、唾液で流されています。

ところが、何らかの原因で唾液が減少し、口内が乾燥してくると、増殖してプラーク(細菌のかたまり)となります。
そのプラークが唾液に溶け込むと、唾液をネバネバにしてしまうのです。

口の中の細菌と一口に言っても、インフルエンザ菌や肺炎の原因となる肺炎桿菌(はいえんかんきん)など、全身疾患の原因となる細菌も多数含まれています。

ですから、病気のリスクを減らすためにも、口内の細菌増殖はしっかり防がないといけません。

では、どうして唾液量が減り、口の中が乾燥してしまうのでしょうか?

細菌の増殖が起こりやすくなる「口の中の乾燥」はなぜ起きる?
睡眠中の唾液は減少
人は一般的に、睡眠中の唾液の分泌量は減少します。

このため、寝る前に口内にあった細菌が増殖しやすい環境になるのです。

それで、多くの人が「朝、口がネバネバする」と感じてしまうのです。

加齢
年齢とともに、唾液の分泌量は低下します。

これは、年を取ると舌やあごの筋肉が衰え、運動量が減ってくるため、唾液腺への刺激が少なくなっているからです。

また、おしゃべりをすることでも、唾液腺が刺激されで唾液の分泌が増えます。
加齢によって対人関係が希薄になり、おしゃべりが減ってしまうことも原因となります。

ストレス
ストレスを感じると、自律神経に影響し唾液が出にくくなります。

特に不安や緊張、恐怖のストレスは、口内を乾きやすくしてしまうことがわかっています。

「緊張で口がカラカラになった」ということがありますよね。
これも、緊張のストレスによって唾液の分泌が減ることが原因です。

口呼吸
私たちは、通常は口を閉じて鼻で呼吸します。

しかし、鼻に何らかの病気があり、通常の鼻呼吸が出来ないと口を開けて呼吸をすることになってしまいます。

鼻呼吸ではなく、いわゆる口呼吸です。

この口呼吸が癖になっている人は、口内が乾燥しやすいタイプです。

口を閉じずに開いたままになっていれば、当然のことながら口の中が乾燥してしまいます。

ですから、口呼吸も口がネバネバする原因になってしまうのです。

ドライマウス症
口の中が乾き、痛みや味覚異常を伴うこともあるドライマウス症。

年齢や性別に関わらず、日本には約800万人の人がいると言われています。

原因は様々ですが、ドライマウス症の人は唾液の分泌量が少ないので、口の中がネバネバになりやすいのです。

ホルモンバランス
ホルモンバランスの影響で、自立神経が乱れることがあります。

自立神経が乱れると、唾液が分泌しにくくなってしまいます。

特に女性はホルモンバランスが乱れると、口内が乾燥しやすくなります。

口内の乾燥以外に考えられるネバネバ原因
口の中がネバネバする主な原因は、口内の乾燥による、“細菌の増殖”です。

でも、ネバネバの原因はそれだけではありません。
以下のことも、朝の口のネバネバの原因と考えられます。

歯周病や虫歯
歯周病の原因菌や、虫歯菌などによって口内の細菌が増殖している場合は口がネバネバしやすくなります。

口内の汚れ
歯を磨かずに、食べカスが溜まっていると、それらは細菌の餌となります。
口内に餌が沢山あれば、乾燥しているかどうかにかかわらず、菌は増殖しやすい環境なのです。

喉からの粘液
喉に細菌が増えると、ネバネバした「膿汁(のうじゅう)」が発生します。
それが唾液に混じりネバネバした口内になるのです。

口のネバネバを防ぐための解決策
口がネバネバする主な原因は、唾液の分泌量が低下し、口内が乾燥することによって起こる細菌の増殖が原因と分かりました。
では、どうしたら唾液分泌量の低下を防げるのでしょうか。

唾液を増やそう!
1 水分をこまめにとる
水分とはいっても、コーヒー・緑茶・ウーロン茶など、カフェインが含まれるものは、利尿作用があるので、かえって口が乾くことになります。
また、ジュースや牛乳は口内を酸性にして、口臭のもととなるので、取りすぎには注意が必要です。
唾液を出すには、水を飲むことが一番良いと言われています。

2 咀嚼回数を増やす
  食事中の咀嚼回数を増やすと、唾液線が刺激され唾液が出てきます。
  そうは言っても、意識的に咀嚼回数を増やすのは、なかなか続きません。
  いつもの食事に噛み応えのある食材をプラスしたり、食材を大きく切ったり、野菜は繊維に沿って切るなど、必然的に噛む回数を増やすことがおススメです。

3 自律神経のバランスを整える
  ストレスを感じると唾液の分泌量が減ってしまうので、趣味や運動など、好きなことをしてリラックスした状態を作ることも大切です。
  人に会ってお喋りをすることも、リラックス効果だけでなう、舌や頬の筋肉運動となるので、おすすめです。

4 唾液を出すツボ

手の平と足の裏に、唾液を出すツボがあります。
手の平のツボは「口瘡点」と言い、中指の付け根の横じわの中央に、足の裏のツボは「湧泉」と言い、足の裏のちょうど真ん中あたりにあります。
これらを一日数回、刺激しましょう。

5 唾液線マッサージ

  唾液腺をマッサージによって刺激する方法があります。
・耳下腺(じかせん):耳たぶの前方を指でやさしくマッサージします。
・顎下腺(がっかせん):顎の下の柔らかい部分を指で押します。
・舌下線(ぜっかせん):顎の先のとがった部分の内側を、手をグーにして押す、または指で押します。
これらを1日5回~10回、力を入れずに指で優しくマッサージしましょう。

【口の中を清潔に!】
 ネバネバの原因は“細菌の増殖”です。
その細菌をゼロにすることは難しいのですが、少なくすることは簡単です。

 そう、オーラルケアをきちんとすればよいのです!

 歯磨きはもちろんですが、デンタルフロスで歯と歯の間の食べかすもとり、マウスウォッシュで仕上げをするなど、口内を清潔にすることは歯周病や虫歯の予防にもなります。

 特に就寝中は唾液分泌量が低下し、口内が乾燥しやすいので、就寝前の歯磨きで口内の細菌の数を減らしておくことが、翌朝のネバネバ防止に効果的です。

細菌の中でも、虫歯菌を減らしてくれることを掲げている「ブリアン」をお使いになることをオススメします。

ブリアンで歯を磨くと、ブリアンだけに入っている「ブリス菌」が口の中で増えて、この結果、虫歯菌が減るのです。

まとめ
朝、起きたときに口がネバネバするのは、口の中が乾燥して細菌が増殖しているからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする