車のない田舎暮らしでも、子乗せ自転車のお陰で行動範囲が広がった!

▼子どもと一緒に移動できる乗り物が欲しい!
もともと都会に長く暮らしていたのですが、シングルマザーになり親と同居するため、田舎に帰ってきました。
田舎なので、車がないと行動範囲がかなり制限されてしまいます。
ほとんどの人は車移動ですが、私は車を持っていなかったので、必要な時は親の車を借りたり、乗せてもらったりしていました。

ただ、いつでも好きな時に借りられるわけではありませんでしたし、父がチャイルドシートを付けるのを嫌がっていたので、使う度にわざわざ取り外して車に乗るのが面倒だなとも感じていました。

そこで、移動手段として気軽に使える自転車の購入を考え始めました。
子乗せ自転車には電動もありますが、値段も張ります。また、そんなに坂がある地域でもないので、電動ではないタイプを購入しました。

    ▽ ママフレンド4

子どももまだ小さかったので、目に見えて安心感のある前部座席を付けました。

▼ママフレンド4のお陰で行動範囲が広がった!
自転車を購入してからは、気軽にフラッと出かけられる感覚が、私にとても合っていると感じました。

もともと都会暮らしが長かったので、徒歩や電車移動に慣れていましたし、車にいちいち乗って移動するのが面倒に思うこともありましたし、正直駐車も苦手でした。
自転車は、車ほど遠くには行けませんが、ガソリン代を気にすることなく、ある程度の場所へ出かけられます。
また、幼稚園などに行く道はかなり狭く、混雑している場合は車より自転車の方が早いこともあります。

今までは、親の車を借りてしか行けなかった、少し離れた公園やお店、図書館などにも、自分の好きなタイミングで行けるようになりました。

▼子乗せ自転車でストレス解消!
もし自転車を購入していなかったら、親の顔色を気にしながら車を借りたり、ちょっと出かけるだけなのに車を出したりするのを煩わしいと感じながら生活していたと思います。
かといって、歩いて行ける範囲でしか行動できなかったら、子供の世界が狭くなると同時に、私もストレスが溜まったでしょう。

でも、自転車ならそういったストレスも感じませんし、自分自身の運動にもなっているので、ストレス解消にもぴったりです。
ガソリン代もかからないし、電動ではないので電気も不要。子どもとゆっくりお喋りしながら行けるのが、自転車ならではでとても楽しいです。

「自転車に子供を乗せるのは怖い」と言うママもいますが、常にある程度緊張感を保ち、気をつけることを守れば、それほどでもありません。
ただ慣れが怖いので、慣れても常にスピードに気をつけ、必ず子供にはヘルメットをかぶらせています。
また、子乗せ専用の自転車は、小柄な女性にも乗りやすく、重心が低く安定しやすいように設計されているので、安全を考えると、普通の自転車ではなく、多少高くとも子乗せ専用の自転車が良いと思います。
最近は、デザインや色にこだわったオシャレな自転車も多いので、自分の趣味にあった自転車を選べば、ママとしても乗っていて気分が上がると思います。

▼まとめ
・車がないと不便な場所でも、子乗せ自転車があれば、ガソリン代を気にせず、好きな時に手軽に出かけられる。
・子乗せ自転車は、安定しやすい設計になっているので、普通の自転車より安心して子どもを乗せられる。
・おすすめ子乗せ自転車:ママフレンド4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする