後片付けに困っていた食べこぼしをメイクマイディのシリコンビブがキャッチしてくれて食事が楽になった!

▼食事の時は床も服も食べかすだらけ!

子どもの離乳食が始まり、成長とともに食べるものも変わってくる姿に驚きの毎日でした。
そのうち手づかみ食べも始まり、娘が楽しそうに、そして一生懸命手でつかみながら、口に運ぶ姿も可愛らしいと感じていました。

離乳食が始まった頃から、オーガニックコットンで出来ていて見た目が可愛い、アメリカ製のよだれかけを食事の時にも使用していたのですが、スープなど口からこぼした時は、すぐにびしょびしょになってしまうし、着ている洋服にも水分が浸透してしまい、結局食事の後は着替えなくてはいけなかったので、とても困っていたのです。

そして手づかみ食べが始まると、食事の後は、椅子や床に食べかすや落としたものが散乱していて、汚れてしまうのが食事の悩みになってきたのです。

▼お手入れ簡単のメイクマイディ シリコンビブ!

そんな時、シリコン製で見た目もとても可愛い、メイクマイディのシリコンビブを友達が使っていて、とても良さそうだったので私も購入してみました。

▽おすすめシリコンビブ:メイクマイディ シリコンビブ

このシリコンビブを使い始めてから、食事の後片付けがとっても楽になりました!
シリコンビブの前部にポケットがついていて、大抵の食べこぼしや、口から出してしまったスープなどをキャッチしてくれるのです。
使い始めてからは、椅子や床に食べこぼしが散乱することが少なくなりました。
また、食事の時に服が汚れる頻度も減ったので、お着替えをする必要も減ってきました。

汚れてしまったシリコンビブは水でさっと洗えるので、食事中でも一旦洗って、またすぐ使えます。
ケチャップなどの汚れがついてしまった時は、食器用洗剤で洗えば汚れもすぐに落ちますし、食洗機で洗えるのも嬉しい点です。

▼メイクマイディのシリコンビブが救世主

メイクマイディのシリコンビブを使ってから、食事の負担がかなり軽減されました。
離乳食時は食事の回数も多いので、食事の準備や片付けに負担を感じているママたちも多いと聞きます。

私も、もし布製のエプロンを使い続けていたら、食事の度にエプロンを洗い、椅子や床を掃除し、服を着替えさせる事を続け、それらを負担に感じて、心理的に追い詰められてしまっていたかもしれません。

メイクマイディのシリコンビブは、色の選択肢も多く、男の子でも女の子でも使用できますし、デザインもオシャレで可愛いのが嬉しいところです。
丸めて持って行けるので、オムツや着替えなどの荷物が多い時期でも、手軽に持ち運び出来ます。
少しでも食事のストレスを軽減させたいのなら、ぜひ試してほしいと思います。

▼まとめ
・離乳食が始まると、布製エプロンでは洋服が濡れたり、食べこぼしが散らかったりすることが多い。
・シリコンビブは食べこぼしをキャッチしてくれて、食事の後片付けが楽になる。
・おすすめシリコンビブ:メイクマイディ シリコンビブ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする