メルシーポット、ママ鼻水トッテ、口コミ、評判、体験段!鼻水吸引にはどっちがオススメ?

赤ちゃん、小さいお子さんの鼻水がいつまでもスッキリ取れないと、本当に困りますよね。

赤ちゃんも子どももかわいそうだし、ママも気持ちがスッキリしません。

そこで、鼻水を取ってやりたい!
そのために、メルシーポット、ママ鼻水トッテなどの商品を使ってみたい、でもそれぞれどんな感じなのかよくわからない、オススメはどちらなんだろう?

この記事では、そんな方に少しでもお役に立てる情報を提供させていただきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ鼻水トッテ
価格:820円(税込、送料別) (2018/5/8時点)

メルシーポットとママ鼻水トッテのお値段

やはり主婦となりますと、気になるのはお値段です。

メルシーポット 11,000円〜

ママ鼻水トッテ 820円~

なんと、同じ鼻水を取るものなのに、値段が2桁違うんです。

これは、値段だけ見れば、お財布に優しいのは、ママ鼻水トッテですよね。

では他の特徴はどのような違いがあるのでしょうか?

メルシーポットとママ鼻水トッテ、それぞれの使い方

メルシーポット

・電動ですから、スイッチを入れます。
・ノズルを赤ちゃんの鼻に入れます。
・吸引します。
・奥のしつこい鼻水には、付属品を使うことでさらに勢い良く吸引できます。

ママ鼻水トッテ

・電動ではありませんから、ノズルを赤ちゃんの鼻に入れて、ママやパパが吸ってあげる〜そういう形になります。
・吸い口が広いので、お母さんやお父さんが吸いやすくなっています。

メルシーポットとママ鼻水トッテのサイズ、重さ

メルシーポット 23.5 x 9 x 16 cm 798グラム

ママ鼻水トッテ 長い管 185ミリ 短い管 100ミリ 幅 35(mm) 50グラム程度

メルシーポットの方が圧倒的に大きいので、例えば旅行先に持っていったりするときには、ママ鼻水トッテが便利かもしれません。

そのように、使い分けするのもいいかもしれません。

メルシーポットとママ鼻水トッテのお手入れ方法の違い

メルシーポット

部品が少なく、すべて取り外して丸洗いができます。

ママ鼻水トッテ

すべてのパーツが分解できて、洗ったり消毒液につけることもできますが、チューブの中に水を勢いよく流せば大丈夫のようです。

メルシーポットとママ鼻水トッテの使用上の注意

メルシーポット

連続吸引は3秒以内とします。
サポートセンターがあるので、困ったことがあった時は電話で相談出来ます。

ママ鼻水トッテ

鼻を吸う力を一気に大きくすると、赤ちゃんの鼓膜が破れてしまうこともあるとのことです。
鼻の奥の方まで吸おうとして強い力で吸ってしまうと鼻の粘膜を痛めるおそれがあります。

注意したいのは、鼻水を吸った後は、うがいを忘れないことです!

鼻水の中の菌やウィルスを吸ってしまう可能性もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ鼻水トッテ
価格:820円(税込、送料別) (2018/5/8時点)

それでは、それぞれの口コミ、評判をご紹介します。

メルシーポット ママ鼻水トッテ、口コミ、評判

メルシーポットの口コミ

鼻水を取るのが楽になった!

ママ鼻水トッテを使っていたのですが、吸うのがかなりしんどくなってきたので、メルシーポットを買ってみたのですが、当然楽に鼻水を取れるようになりました。

衛生面で安心

汚い鼻水を含んだ空気を吸う形になる、母親が吸い上げるタイプの吸引に不安があり購入しました。
やはり、機械が吸ってくれるので安心です。

音が気になったけどー

最初は予想していた以上に音が大きかったので、ちょっとびっくりしたのですが、そのうち親子とも慣れました。子どもは、吸ってもらうと楽になることがわかっているので最初は大泣きしたのですが今はおとなしくしてくれます。

高いけど、医者に行く手間、お金を考えるとー

鼻水取り器で1万円以上⁈と思いましたが、鼻水を取りに医者に行く時間、交通費、診療費を考えるといいかなと思います。病院並みに鼻水が吸える印象です。

ママ鼻水トッテの口コミ

使いやすい

他の製品も使用したのですが、一番使いやすかったです。
カピカピの鼻くそは、お風呂上がりなどにふやかしてから使っています。

安いからこんなものかなー

電動はそれなりのお値段がするので、まずはこちらからと思って買ってみましたが、少しなら取れると言う感じです。値段が値段なので、こんなものなのかなと思っています。

コツをつかめば、かなりのお助けグッズ

最初はうまく吸うことができず、イマイチかと思ったのですがコツを掴んだらかなり役に立ちました。

たまに逆流する?

吸いすぎているのか、鼻水が出すぎているのか時々逆流して困っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ鼻水トッテ
価格:820円(税込、送料別) (2018/5/8時点)

さらに、メルシーポット、ママ鼻水トッテ、それぞれを使った方の体験談です。

体験談

メルシーポットを使った方の体験談

娘が1歳になる前頃から、現在3歳半で今でも使っています。

鼻水が出て苦しいと夜も眠れません。

電動ではない鼻水吸引器はありました。しかし、吸い上げる力があまり強くなくて、上手く鼻水をとってあげることができませんでした。

さらに、使ったあとに、子どもの風邪がうつることがりました。もちろん、鼻水だけが原因ではないと思いますが~。

友達に相談したところ「メルシーポット」を勧められたので買ってみました。

「メルシーポット」を買ってからは、鼻水をすっきりとってあげられるようになりました。

眠れずに愚図ることも激減しました。耳鼻科に行って吸引してもらわなくてもいい!自宅で吸引ができるのです。

耳鼻科で吸引してもらっても、またすぐに詰まってしまいます。

自分の都合に合わせて自宅でに吸引できるのは魅力的です。

鼻水を含んだ空気を吸い上げるわけではないので、感染する確率も少なくなります。

子どもも小さいうちは嫌がって泣いていましたが、今では奥の方に詰まっているのは取ってもらうと気持ちがいいと分かっているのか、「取って!」と言ってきます。

ママ鼻水トッテを使った人の体験談

鼻づまりのせいでうまく息ができず、夜も眠れずに目を覚ましてしまい、こちらも寝不足で大変でした。

まだ小さくて自分で鼻水を外へ出すことができないのです。

ですから、娘はただただ泣くしかできません。

そこで、姉に勧められて鼻水トッテを使ってみました。
すると、鼻づまりをうまく解消できたのです!

娘もよく寝てくれるようになりました。

私自身、鼻水吸引器というのは聞いたことがありました。

鼻水吸引器にはたくさん種類があります。

でも、鼻水トッテはシンプルで、小さいのもメリットです。

洗って乾かしておけばいつでも清潔に使えます。

今では、我が家の必須アイテムです。

うちは保育園に通っているので、どうしても風邪などの病気をもらってきます。

この鼻水トッテは、鼻づまりで苦しそうかなと思ったときにすぐに使えます。

ちょっと吸引してあげればいいだけです。手軽に使えるところが気に入っています

いかがでしょうか?

それぞれに、メリット、デメリットはありますよね~。
さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをごらん下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ママ鼻水トッテ
価格:820円(税込、送料別) (2018/5/8時点)